Informaiton

<遠征レポート>江渕まこと(PR/福岡)

2017/06/17

平素よりAGRの活動にご理解・ご尽力賜り誠にありがとうございます。



5月19日~6月13日にかけてAGR唯一の女子部員江渕まこと(PR/福岡)が女子ラグビー日本代表として、アイルランド・ウェールズへ遠征メンバーに選出されました。
自身初のスタメン出場を果たし、一回り大きくなった江渕。
以下試合コメントをご覧ください。


「アイランド遠征にて、アイルランドと二試合しました。相手のPRは80~90キロ、LOは190センチと身体が大きかったです。ですが、スクラムでは相手が高く組んでくるのには合わせず、日本の低いスクラムができたため優位に立てていたと思います。
ラインアウトにはまだ課題が残っていますが、ラインアウトモールは一戦目では課題が出ましたが二戦目ではそれを修正することができ、トライを取ることができました。モールディフェンスに関しても良かったと思います。
試合全体としては、二試合とも競ったゲームでしたが、どちらも勝ち切れなかったため、ワールドカップ本戦ではこの試合の様な競るゲームでこそ勝ち切れるチーム作りをし、予選プール突破するための勝利に繋げて行きたいと思いました。

ウェールズは、アイルランドと比べて、ラックやディフェンスの圧がすごくかったです。ですがこの試合の前まで課題として上がっていた、ゲームの入りでエリア的にも優位に立つことができ、最後の試合で勝ちきることができました。この遠征で強みとなったのがキックを使い、キックチェイスで前に出てエリアを獲得することでした。それが試合の流れを掴むきっかけとなったと思います。ワールドカップでも活かしていきたいと思います。課題としては、やはりラインアウトがDFを含めもっと制度を上げていかなければならいと思いました。
今回は観客も多く、海外独特の歓声が試合の雰囲気や流れに影響したり、レフリーも含め完全アウェイの地で試合をするという日本では経験できないことをでき、ワールドカップをイメージすることができました。」

201706241700_1-300x0.png


今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。