部員紹介

深澤リカ(4年/MGR/平塚江南)、村崎七海(4年/TR/筑紫女学園) [部員紹介]

rss


いつも青山学院大学ラグビー部を応援していただきありがとうございます。
4年マネージャーの深澤リカと4年トレーナーの村崎七海です。最後までお読みいただけると幸いです。
(左から深澤、村崎)




~入部のきっかけ~
村崎:私は弟がラグビーをしていたことから興味を持ち、ラグビー部に入部しました。スポーツ経験・知識共にゼロから始まったため、トレーナーの仕事に慣れるまでにはとても時間がかかりました。しかし、一緒にサポートを行うスタッフ陣や一生懸命ラグビーに取り組む選手達から日々刺激を受け、今では自信を持ってトレーナーを務めることができています。サポートする立場でありながら、日々周りの方々に支えられていることを感じております。

深澤:今まで自分が経験したことのないものに挑戦したいと思い、ラグビー部にマネージャーとして入部しました。
初めは慣れない仕事に悩んだりもしましたが、頼もしい先輩や可愛い後輩に支えられながら成長することができたと感じております。
4年間を通じて学んだラグビーの魅力・競技を通じた人との繋がりは私にとってかけがいのないものとなりました。



~About me~
村崎:私はお酒を飲むことが好きで、オフの日前日にはよく友人と女子会をします。普段はビールを飲むのですが、女子会の際には、背伸びをしてワインやシャンパンを飲んでいます。
この写真は、学部で仲の良い3人組で女子会をした時のものです。インスタ映えを意識し、シャンパンに生ハムを注文しました。実際にはこの前にがっつりご飯を食べています。


深澤:最近教習所に通い始めました。ゲームやレースで観ているものとは異なり実際の運転は非常に難しく、S字クランクに苦戦しています。早く免許を取得し、グラウンドまで車で行けるよう頑張りたいと思います。




~私のAGR生活~
村崎:私のAGR生活には同期である深澤の存在が欠かせません。練習でほぼ毎日会っていますが、オフの日にも予定を合わせてよく一緒に遊んでいます。つい最近は、食べたいものをテイクアウトしまくり、部員に負けないほどご飯を食べるという1日を過ごし、とても幸せでした。

深澤:私のAGR生活にも、村崎の存在は欠かせません。部活だけではなく、私生活での些細な出来事もお互いに報告し合っています。
ちなみに、テイクアウトでは山盛りのフライドチキンや生ハムチーズを購入し2人で平らげました。




~対抗戦への意気込み~
村崎:最上級生となり、最後の対抗戦を迎えるにあたって、選手同様悔いのないように、トレーナーとして全力でサポートしていきたいと思います。
今後も、温かいご声援の程、よろしくお願いいたします。

深澤:対抗戦開幕に向けてより一層気を引き締め、チーム目標である「大学選手権出場」を達成できるようスタッフとして最大限貢献いたします。
引き続き皆様の温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。



最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも応援よろしくお願いいたします。



【AGRからのお願い】
今年度の新しい取り組みとして、ウェブサイトに支援・サポートのページを作成いたしました。皆様のご支援が、新しい青山学院大学ラグビー部の1ページを生み出します。ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
https://www.aogaku-rugby.com/suppo