関東大学対抗戦対早稲田大学

2018/10/08


3年今野 光樹(LO/國學院栃木)
「早稲田戦を振り返り、まず個人として、初の早稲田戦で緊張はあったものの、メンタル面では前日練習から良い状態で試合に入ることができました。 しかし、試合が始まるとフィジカル面での差とプレーひとつひとつの正確性の違いを直に感じた試合でした。 ヒットしても返され、タックルでもゲインラインを突破される状態が続き、体の弱さを実感しました。 チームとしては、点を取られ続けるうちにどんどんと雰囲気も悪くなりました。その雰囲気を打開する為にもっとコミニュケーションを取らなければいけないなと感じました。 そんな中でも良かった点としてFWのラインアウトからのモールディフェンスは一度ではトライを取らせず上手く壊せたかなと感じました。 3試合を終え残り4試合となりましたが、ひとつひとつ課題を解消し、目標を達成できるよう、勝ちにこだわって戦っていきたいです。」

2年高山 偉壮(HO/國學院栃木)
「平素より青山学院ラグビー部を応援していただきありがとうございます。 早稲田戦では個々の気持ちが大事な一戦でした。ゲームの入りは悪くなかったものの自分たちのミスからリズムが崩れ失点を重ねてしまいました。私個人といたしましてもセットプレーが安定せずチームの強みであるアタックの回数を増やすことができなかったのが今後の課題です。明治、帝京、早稲田と大きく点差が離れ、チーム・個人と多くの課題が出てますが、基本を振り返り少ない練習時間を無駄にせず残りの対抗戦を戦い抜いていきたいです。今後とも温かいご声援のほどよろしくお願いいたします。」