卒業生メッセージ1 依田賢人主将

2007/02/04

2006年度卒業生に今年度、又ラグビー部での4年間を振り返ってのメッセージをもらいました。

第1回の今回は依田賢人主将(NO.8/青山学院)です!

 

初等部コアラーズからいままで14年間、青山でのラグビー生活を支えてくださったOBの方々、先生方、また父兄の皆様本当にありがとうございました。
中高大とキャプテンを務めさせて頂き、苦労したことのほうが多かったように感じますが、他では味わえないすばらしい経験をすることができ、選手としてまた、人間としても成長することができました。
そして何よりも、未熟な自分についてきてくれたチームメイトに感謝をしたいです。彼らの存在なくしてはラグビーを楽しめなかったですし、彼らの協力または努力なしには、勝つことの喜びや負けの悔しさ味わうことができたかったはずです。ラグビー人生14年で得た友、プライスレスです。

また、来期からはトップリーグでの挑戦がスタートします。さまざまなことを吸収すると同時に青山の名に恥じないプレーをしていきたいと思います。だれもが挑戦できる舞台ではないと思うので、命を懸けて挑戦したいと思います。
14年間ありがとうございました。

2006年度主将 依田賢人