<試合コメント>対抗戦 慶應義塾大学

2016/12/04

12月3日(土)に行われた対抗戦 対慶應義塾大学を振り返り、選手より試合コメントをご紹介します。





4年佐藤拓磨(WTB/磐城)

「平素より青山学院大学ラグビー部へのご支援、ご声援ありがとうございます。

今回の試合はチームにとっては対抗戦最終戦、私たち4年生にとっては大学生として最後の試合になりました。4年生が多くメンバーに選ばれる中、80分間を通して戦い続けようと話し、後輩たちに向けそして応援してくださる方たちに戦う姿から何かを感じてほしいと願い臨んだ試合でした。大学選手権には出場できませんでしたが、これからは支える側の人間としてAGRに想いを託し、必ず目標を達成してほしいと思うと同時に、ファンの皆様には今後とも変わらぬ応援をお願いしたいと思っております。

またこの4年間、OB会をはじめ多くの方々からの厚いご支援を受け、素晴らしい環境でラグビーができたことにとても感謝しております。ありがとうございました。」



3年濱田大聖(LO/青山学院)

「平素より青山学院大学ラグビー部を応援して頂き誠にありがとうございます。三年生ロックの濱田大聖です。

本日の対抗戦最終試合は慶應義塾大学さんとの試合でした。

最終戦が慶応との試合ということもあり今回は特に四年生を中心としたメンバー組となっていました。その影響もあってか終始、声を出しチームを牽引してくれていた四年生に励まされる形となりました。

結果は奇しくも敗れてしまいましたが私を含め、あの試合に出ていた後輩、応援してくれていた後輩たちは奮闘する四年生の姿に来年に向けて、何か大切なものを感じ取ったのではないかと思います。

来年度、私も最上級生になる身として、今年度の反省を生かし四年生の様にチームを支えていきたいと思っております。

是非、来年度の青山学院大学ラグビー部にもご声援の程よろしくお願い致します。」



2年古賀駿汰(SH/東福岡)

「いつも青山学院大学ラグビー部を応援していただきまして、ありがとうございます。

慶應義塾大学戦では、四年生とできる最後の試合でもあったので、アグレッシブに楽しんでプレーしようと思い試合に臨みました。

試合の入りは悪かったものの、攻めている時間は、AGRらしいプレーができていたと思います。

今シーズンのAGRとしての試合は終わりましたが、来シーズンへのスタートともなるので、新チームでも頑張っていきたいと思います。

引き続き青山学院大学ラグビー部の応援を宜しくお願い致します。」



1年下里雄大(FL/名古屋)

「日頃より青山学院大学ラグビー部を応援して下さり、ありがとうございます、一年の下里です。

本日、対抗戦最終戦である慶應義塾大学との試合は17‐51という結果で負けてしまい、四年生にとっては大学ラグビー最後の試合となってしまいました。

個人として、人生で初めて23番のジャージを着用し、その状況下で、四年生にプレーで恩返しがしたいと思い臨んだ試合でした。

結果、負けてはしまいましたが、トライという形で恩返しすることができたと思っています。

今日で、永岡キャプテンの代に終止符が打たれましたが、私にとっては来年、再来年とまだまだ続きますし、加藤監督がおっしゃったように、終わりは始まりなのでこれからも強くなるための努力をしていきたいと思います。

今後ともご声援のほど、よろしくお願い致します。」