<試合コメント>対抗戦 対早稲田大学

2017/10/02

10月1日(日)に行われた関東大学対抗戦対早稲田大学の試合コメントをご紹介いたします。



4年 山本 恭平(CTB/青山学院)
「日頃よりラグビー部を応援して頂き誠にありがとうございます。
本日は栃木県足利市での試合でした。スタジアムまで応援に来て頂いた皆様、応援ありがとうございました。
試合は、開始直後から連続して失点し、苦しい時間帯が続きました。攻め始めると得点できるのですが、自分たちのミスからさらに失点し、大差での敗戦となってしまいました。一人ひとりがハードワークし、いいプレーを連続させることが必要だと感じました。次戦の帝京大学戦に向け、より一層努力して参ります。
今後ともご支援、ご声援のほど、何卒よろしくお願いいたします。」

3年 古賀 駿汰(SO/東福岡)
「日頃より青山学院大学ラグビー部を応援していただき、ありがとうございます。
本日の早稲田戦では、一人ひとり責任感を持ったプレーをし、チャレンジャーとして前に出続けようと考えておりました。しかし、試合の入りで受けに回ってしまい、大量失点をしてしまいました。ただ、いつもスイッチが切れるところで粘って得点を重ねる場面もあったので、これを試合の入りから持っていけるように、日々の練習をもっと大切にし、次の帝京大学戦に向けて頑張っていきたいと思います。
今後とも、応援のほどよろしくお願いいたします。」

次戦は、10月14日(土)に対抗戦対帝京大学の試合が行われます。
皆様のご声援のほどよろしくお願いいたします。