<試合コメント>関東大学ジュニア選手権 対専修大学

2017/11/27

11月26日(日)に行われた関東大学ジュニア選手権 対専修大学の試合コメントをご紹介いたします。



3年西村優吾(CTB/成城学園)
『平素より青山学院大学ラグビー部を応援していただきありがとうございます。
本日の試合はカテゴリー3の優勝をかけた重要な試合でしたが、自分たちのミスで流れを悪くして、勝ち切ることができませんでした。個人としては、リザーブということで試合に出たらチームに勢いを与えたいと考えていましたが、交替してからも悪い流れを断ち切ることが出来ず、自分の役割を果たすことができませんでした。ジュニア選手権はこの敗戦により終わってしまいましたが、まだ対抗戦が残っているのでこの反省を活かしていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。』



2年山同走(WTB/國學院久我山)
『平素より青山学院大学ラグビー部を応援していただきありがとうございます。また今日は寒い中、グラウンドに足を運んでいただきありがとうございました。専修大学戦にあたりカテゴリー3での優勝、カテゴリー2への昇格への入替戦がかかった大一番ということでチャレンジャーという気持ちと負けることのできないという自覚をメンバー全員が持って挑んだ試合でした。前半はリードして折り返したものの、後半は自分達の簡単なミスやディフェンス面で後手に回ってしまったこと、ターンオーバーからの得点・敵陣に攻め込める局面で攻めることが出来なかったため、後半は相手に大量失点を許してしまいました。ジュニア戦はこの試合で終わり、今日出た課題と悔しさを忘れず来年のカテゴリー2昇格にリベンジし、来週の慶應戦に向けいい準備をして挑みたいと思います。対抗戦も残り慶應の1試合ですが、引き続きご声援のほどよろしくお願いします。』

次戦は、12月3日(日)関東大学対抗戦 対慶応義塾大学を予定しております。
詳細は後日HPにてお知らせいたします。
引き続き、ご声援のほどよろしくお願いいたします。