春季大会 対専修大学

2018/05/15

5月13日に行われた専修大学戦の試合コメントを紹介いたします。

4年市村和就(WTB/國學院久我山)
「平素より青山学院大学ラグビー部を応援していただきありがとうございます。
今回の試合はホームでの試合ということもあり、前回の関東学院大学戦の反省を踏まえて絶対に勝利しなければなりませんでした。
しかし小さなミスが重なり、いい方向にゲームの流れをもっていくことができなかったのが敗因だと思います。
これからまだまだ試合は続くので、焦らず1つずつ、これまでのチームの反省を踏まえて勝利を収めていきたいと思います。
今後ともご声援のほどお願いいたします。」


2年堀田琳(HO/京都成章)
「平素より青山学院大学ラグビー部を応援していただきありがとうございます。
『セット』『リアクション』『最後まで』をキーワードに試合に挑みました。
店舗のあるアタックをできた時もあったのですが、特に後半は自分たちのミスの飲まれ青学のペースにのることができませんでした。
個人としては、自分の持ち味であるアタックで前に出ることはできたものの、ディフェンスで差し込まれました。
この反省を糧に次の試合に挑みたいと思います。
これからもご声援のほどよろしくお願いいたします。」